テアニンサプリの選び方!

テアニンは、精神的安定・リラックス・休息の質を高める、などの効果があり、近年にわかに注目を集める成分になります。当サイトは、そんなテアニンを手軽に補給できるサプリを紹介しています。

 

テアニンサプリの選び方のポイント
  • テアニン含有量
  • ギャバ配合、プラス成分など
  • 機能性表示食品取得か

 

などが挙げられます。中でも、テアニンの含有量は必ず確認しましょう。1日あたり200mgのテアニンを補給できるサプリがベストな選択といえます。当サイトは含有量はもちろん、プラス成分、価格なども含めたバランスの良いテアニンサプリを比較表とランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

テアニンサプリを比較してみた

商品名 ピースナイト 爽眠α 伊藤園 テアニンむぎ茶 ネムリス ムーンラック
パッケージ
内容量 1本120粒

1日4粒目安

1袋120粒

1日4粒目安

1箱30本

1日1本目安

1袋180粒

1日6粒目安

1袋60粒

1日2粒目安

価格 通常:5460円(税込)

初回:2730円(税込)

通常:5700円(税抜)

初回:500円(7日分)(税抜)

通常:4320円(税込)

定期:3456円(税込)※20%OFF

通常:2480円(税込)

初回:1890円(税込)

通常:4500円(税込)

初回:980円(税込)

テアニン含有量 200mg 200mg 200mg 36mg 記載無し
ギャバ含有量 100mg 含まれるが含有量記載無し × 70mg ×
その他成分 パッションフラワー クワンソウ・ビタミンB6・B1 ビタミンC ラフマ・グリシン・トリプトファン・クワンソウなど チェストベリー・カチプファティマ・ペパーミントなど
特典・保証 初回限定50%OFF

機能性表示食品

7日分500円

機能性表示食品

機能性表示食品 10日分1890円

アイマスク付(5000円以上お買い上げ)

30日分980円

 

テアニンサプリランキング!

ピースナイトの特徴

ピースナイトは、キッコーマンが販売するテアニン配合のサプリメントになります。テアニンを200mg、ギャバを100mgの計300mg含有することにより、睡眠の質を高め、起床後の疲労軽減、そして、ストレス緩和の効果を発揮します。寝つきが悪い・中途覚醒する・目覚めが悪い・ストレスを感じる、などの方におすすめです。当サイトより30日分が50%OFF購入できます。

価格 2730(税込)円
評価 評価5
備考 テアニン・ギャバ・パッションフラワー

爽眠αの特徴

爽眠αは、機能性関与成分L-テアニンを配合した機能性表示食品になります。中途覚醒の減少・睡眠時間の増加・寝起きの疲労感の軽減などに効果があることが判明しています。1日あたりにL-テアニンを200mg含有しています。さらに、L-テアニンを相性の良いリラックス成分ギャバやクワンソウ、健康成分のビタミンB1・B6などもバランス良く含みます。今なら当サイトより7日分500円のお試し購入が可能です。

価格 500(税別)円
評価 評価4.5
備考 L-テアニン・クワンソウ・大麦乳酸醗酵液ギャバ・ビタミンB6・B1

伊藤園 テアニンむぎ茶の特徴

伊藤園から登場したテアニン配合の麦茶になります。眠りの質を高めるL-テアニンを1杯分に200mg含有しています。お〜いお茶でおなじみの伊藤園だからこそ実現した香味豊かな味わいの麦茶。水・お湯にこだわらずサッと溶け飲め、就寝前もOKのカフェインゼロのお茶となっています。サプリメントが苦手な方におすすめです。

価格 3456(税込)円
評価 評価4
備考 テアニン・ビタミンC

 

テアニンの効果

 

 

近年では特殊な健康効果を期待して一部のアミノ酸をサプリなどから意識して摂取する方が増えました。一昔前はアミノ酸というとタンパク質の材料というイメージばかりで、特に体に対する機能性はあまり注目されていませんでしたが、その後さまざまなアミノ酸の特異的な働きがわかり、他の栄養素では替えが効かない働きを担っているものも多いことが判明しました。そして、テアニンもそんな高機能なアミノ酸の一種です。

 

テアニンとは

 

テアニンはそれ自体がアミノ酸ですが、グルタミン酸という他のアミノ酸の誘導体でもあります。その他、テアニンは体内でさまざまな物質の合成や分泌に関わっているとされ、テアニンのレベルに応じて免疫グロブリンAやドーパミン・セロトニンなどの重要な物質の量・濃度が大きく左右されることが実験によって明らかにされています。

 

リラックス・安眠・精神安定・集中力アップ

 

そして、具体的にもたらされる効果として、リラックスや安眠など体を落ち着け休息を取る作用、また集中力を高め作業効率を向上させる作用、そして脳内伝達物質異常による病気の予防効果など、まさに他では得られないきわめて貴重な効果があります。

 

不安・眠れない・落ち着かないといった方におすすめ

 

テアニンはその重要性とは裏腹に、あまり知名度が高くない栄養素です。しかし現代人が陥りがちな病気や健康問題に関わっていることが多く、特にストレスや精神的不安定感と強い関連性がある栄養素ですので、心の安定・落ち着きが不足していると感じる方は、テアニンの働きを知り意識的な摂取を考えてみてはいかがでしょうか。

 

テアニンの1日の目安量はどれくらい?

 

 

テアニンはさまざまな人間に対する効果が臨床試験によって示されており、多くの用途において確かな有効成分であることは疑いようがないのですが、残念ながら日本ではまだ公的には効能を持つ成分として認められておらず、一日目安量なども設定されていません。

 

しかし諸外国では有効成分として認められており摂取目安量も定められていて、日本国内でのテアニンサプリメントもそれを反映した含有量が定められていることが多いため、その辺りから目安量を探ってみましょう。

 

1日あたり200mg摂れば確実か

 

まず、人間を対象とした臨床試験において、明らかな効果が見られたテアニン投与量は、試験内容にもよりますがおよそ100mg〜200mgです。リラックス効果や不眠解消効果について、それまでの不安傾向や不眠の強さが深刻な群であっても200mgの投与で効果が得られているため、200mg/日の摂取でどんな人にも効くと考えていいでしょう。

 

200mgが基準、だが100mgでも効果を実感している人もいる

 

そして、国内で販売されているテアニンサプリメントもそれを反映して、多くの商品が1日摂取分にテアニン200mgを配合しています。したがって、事実上の1日目安量は200mgと言えます。サプリメントを選択する際は、テアニン200mgを基準に含有量の多い少ないを判断するといいでしょう。

 

ただし、臨床試験では元々の不安傾向が薄い方は100mg未満でも効果が得られているため、今の心身の悩みがそれほど深刻でない、あるいは健康リスクの予防的に使いたい、という方はそれより含有量が少ないものでも十分な効果があるはずです。

 

テアニンと相性の良い成分は?ギャバがいい?

 

テアニンは非常に幅広い働きを行い、特に神経伝達物質への作用が広いため、同じように神経伝達物質に関わるアミノ酸を同時摂取することで相乗効果が期待でき、より高い効果が期待できます。どんな成分と一緒に摂取すればいいかは目的にもよりますが、テアニンの効果を考えればギャバがもっとも相性の良い成分の一つと言えるでしょう。

 

ギャバもテアニンと同様の効果がある

 

テアニンはリラックス効果や不安を和らげる効果があることで今話題になっていますが、ギャバはそれよりも前にそれらの効果があるとして注目されました。今でもギャバはリラックス・抗不安作用を目的としたサプリメントに用いられていますが、テアニンが注目された後はテアニンと同時配合されたサプリメントに主軸が移されつつあります。

 

テアニンと同時摂取すればより良い効果が期待できる

 

テアニンとギャバは同じような効果が期待されながらも、それを実現するためのメカニズムが大きく異なる点が相性の良い理由です。テアニンはドーパミンを増やしたりグルタミン酸の働きを抑制することでリラックス状態をもたらす一方、ギャバは抑制系に働きかけることで全体的なリラックス状態を実現します。

 

乱暴に言えばテアニンはピンポイントに働きかけるため即効性に優れ、ギャバはじわじわと環境を改善していくイメージです。その両方を摂取できれば、いいとこ取りとなることは想像に難くありません。

 

また、テアニンは必要に応じてギャバを作り出すなど、元々関連の深い成分です。セットで摂取することを意識すれば、より有効にテアニンを役立てられるでしょう。

 

テアニンはサプリからの補給がおすすめ!

 

 

テアニンは飲食物からの摂取も可能ですが、テアニンを多く含む食材はきわめて限られています。テアニンの語源はお茶にちなんでいるように、テアニンは主にチャノキとその葉を加工したお茶の類にのみ含まれます

 

したがってお茶を飲むことが食品からのテアニン摂取法となりますが、お茶1杯のテアニン含有量はそれほど多くなく、一日目安量とされる200mgを満たそうとすれば毎日お茶を10杯以上飲まなければなりません

 

これは好き嫌いだけの問題でなく、カフェイン摂取量の観点からも好ましくありません。したがって、単離されたテアニンを凝縮したサプリからの補給がおすすめです。

 

テアニンはアミノ酸の一種であり、お茶のアミノ酸はうまみの元ですから、テアニンを多く含むお茶を選んで入手しようとすると高く付くという点も問題です。もちろんお茶が好きな人が、嗜好品として飲むついでにテアニン補給を兼ねるのはいいことですが、いずれにしても目安量には全く満たないと思いますので、お茶が好きな人にとってもテアニンサプリは飲む価値のあるものです。

 

テアニンサプリの選定は同時配合成分に注目

 

また先ほど紹介したとおり、テアニンにはギャバのような相性の良い成分がいくつも存在します。テアニンサプリにはそういった成分を色々と同時配合されているものが多いため、効率的にテアニンを役立てることができます。テアニンサプリを選ぶ際には、同時配合された成分にも注目してみてください。