テアニンはインフルエンザ予防に良い?

さまざまな精神的安定化をもたらすことで注目されているテアニンですが、研究によって興味深いポジティブな効果が報告されています。それは、感染症に対する予防効果です。そしてインフルエンザへの感染予防が明確にあるというデータまで出てきています。

 

テアニンの感染症予防効果は最近偶然に見つかったわけではなく、理論上はそのような効果があるのではないかと当初から言われていました。

 

テアニンは一部の免疫に関わる細胞(T細胞など)を活性化する働きがあることがわかっていたため、それらの細胞に対応するウイルスや病原菌による感染症の効果があるのではないかと言われていましたが、最近の研究によってその効果が実証された形です。

 

また、インフルエンザ予防効果にはテアニンのメインの効果である精神安定か作用も一役買っている可能性があります。ストレスが多いと免疫力が低下することはよく知られており、ストレスに対抗することに手一杯となり外部からの侵入・感染に対応する免疫機構がおろそかになるというような現象が起きます。

 

テアニンはよく知られているとおりストレスを和らげてリラクゼーション効果をもたらすため、そのような免疫機構に対するネガティブ作用も取り去ってくれるでしょう。

 

またそれによって不眠を解消する作用もあるため、不眠に悩んでいる人にとってはそれが治ることもまた感染予防に役立つでしょう。結局、テアニンのさまざまな働きが総合的にインフルエンザ予防効果を形成していると言えます。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?