テアニンは自律神経失調症の改善に良い?

 

現代になって罹患者が急増した疾患の一つに自律神経失調症があります。これはまさに現代病と言えるもので、ストレスや生活サイクルの乱れ・栄養バランスの崩れなどが原因で自律神経を乱してしまう疾患です。

 

自律神経は呼吸や脈動といった生命維持をも司るきわめて重要な神経で、それ以外にも私たちが日頃意識せずに行っている体の調節機構は自律神経に依存しているため、これが乱れるということがいかに重大な問題であるかは理解していただけるでしょう。テアニンはそんな自律神経失調症の改善に役立つのです。

 

自律神経の乱れる原因

 

そもそも自律神経が乱れる原因として、少なくとも現代においてはストレスと生活サイクルの乱れが圧倒的に多いものです。徹夜をしているうちにどんどん朝起きられなくなっていったり、24時間サイクルが乱れていった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

また度重なるストレスによって常に血圧が高めになったり不眠に陥ったなど、ストレスの身体的影響を実感したことがある方も、特に社会人を中心に少なからずいることでしょう。

 

テアニンは自律神経を整える

 

テアニンはこのような影響を和らげ、特に交感神経を調節して適正レベルに保つ作用があるため、自律神経を乱れる要因を抑えてくれます。

 

テアニンが行っていることは、自律神経失調症が起こる要因の一つにタッチしているに過ぎません。しかし、自律神経のバランスさえ整えられれば、後は体本来の調節力によってバランスは整えられていくものです。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?