テアニンは更年期障害の症状緩和に良い?

テアニンは体内環境のバランスを保ち心身の健康を維持する働きがありますが、体のバランスが崩れがちな中高年にも非常に有用な成分です。

 

特に女性は更年期になると女性ホルモンの分泌量やバランスが激減することで、心身にかなり大きな影響を及ぼすことがあります。これが更年期障害なのですが、テアニンは更年期障害で発生する諸症状の緩和に役立ちます。

 

女性が閉経を迎える更年期では、それ以降性機能維持のために必要がなくなる女性ホルモンの分泌量が極端に減ることで、体のバランスが大きく変動することになります。

 

女性ホルモンは性機能に深く関わってはいますが、それだけでなく心身の健康に大きく関与するホルモンであり、例えば狭心症などの虚血性疾患や高尿酸血症・痛風などの発症率が男性に比べて女性のほうが有意に低いのは、女性ホルモンの働きによるものです。

 

この女性ホルモンが急激に減ることで、短期的には体のバランスを大きく崩して人によってはかなり甚大な心身症状を生じますし、長期的には様々な病気の発症リスクが高まることになります。

 

テアニンは、このうち主に短期的な体の変動に対して症状を緩和するように働きます。イメージ的には更年期で失われた女性ホルモンの働きを穴埋めするような形となり、またテアニンのリラクゼーション効果も併せて更年期を乗り越えるための心強い味方となってくれるはずです。

 

更年期には精神的にも思い詰めたり追い詰められる女性が少なからずいますので、テアニンを含むお茶などで一息付く習慣を付けたいものです。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?