テアニンは免疫力のアップに良い?

テアニンは精神的作用の他にも免疫力アップの効果を持つことが理論上も臨床的にも明らかとなっており、ごく最近ではそのような面をフィーチャーしたサプリメント・栄養ドリンクなども出始めました。

 

テアニンはその薬理作用によって免疫細胞の機能を向上させるのですが、実際のテアニン摂取による免疫力アップ効果はその理由だけに留まらず、さまざまなテアニンの直接的・間接的な効果が重なり合って免疫力を向上させていると考えられています。

 

テアニンは精神に影響を与える成分というイメージが強くなっていますが、元はガンマ・デルタT細胞という免疫細胞を構成するエチルアミンという物質の前駆体です。

 

言うなればガンマ・デルタT細胞の材料の材料ですので、テアニンが不足している状態と比べて充足していれば免疫力が高まる(通常水準に戻る)ことは想像に難くありません。

 

しかしそれだけでなく、テアニンは薬理的にガンマ・デルタT細胞を活性化する働きがあることもわかり、免疫の活性化という側面ではむしろその働きの方がより大きいことがわかってきました。

 

そして冒頭に述べたように、テアニンがもたらす精神安定化作用も免疫力に関わってきます。精神の安定化は余計な交感神経の昂ぶりや自律神経の乱れを調節し抑えます。

 

そしてこのことは外部に向かう正しい免疫作用を高めるため、病気に対する免疫力アップにも一役買うのです。テアニンの基礎的な免疫力向上作用の他に、そのような副次的な作用が重なって、大きな免疫力アップ効果を実現しているというわけです。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?