テアニンのリラックス作用がストレス対策に良い

テアニンはリラクゼーション効果が高く、摂取すると深いリラックス状態を得ることができます。そしてこのリラックス作用はストレス対策に非常に有効です。

 

そもそもストレスによる体への重大な影響の一つに、ざっくりいえば「体をリラックス状態へと入らせない作用」があるため、テアニンはそのようなストレスによる影響を緩和・予防するために直接的に作用するのです。

 

テアニンは摂取後にリラックス状態を示す脳波のアルファ波が多く発生することがわかっているなど、確かなリラックス効果が確認されています。

 

自律神経のバランスに目を向けると、テアニン摂取後には副交感神経の働きが高まり、これは休息・睡眠・非活動性を司る自律神経であり、テアニンを摂取することでスムーズに体が休息状態へと入っていけることを示しています。

 

一方で、ストレスを感じると人間は交感神経が急激に活発化します。交感神経は副交感神経と逆で活動・攻撃性・覚醒を司る神経であり、起床後に自然に高まる神経ではありますが、ストレスの影響で高い状態が不必要に継続してしまうことが現代におけるストレス性の健康問題として表面化しています。

 

つまり、ストレスによる交感神経亢進とテアニンによる副交感神経の活性化は互いに相反する作用であるため、ストレスが多い人はテアニンを摂取することでストレスによる影響を相殺する、あるいは緩和することが期待できるのです。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?