軽い精神安定剤を飲むくらいならテアニンのほうが良い

 

精神的な不安定感や軽度のうつ症状がある場合、心療内科にかかると軽い精神安定剤を処方されて様子を見るように言われることが多いです。

 

軽度の精神的症状というのは、いわば「気の持ちよう」的な要素が大きいことが多く、器質的で重大な問題との振り分けを兼ねて、実際のところ毒にも薬にもならない程度の薬を出されて様子を見られることが多いわけです。

 

症状が軽度なら薬に頼るよりテアニンにすべき

 

もちろん飲み始めは医師の指示に従うべきですが、あまり良くない状態が継続する場合、そのような薬を長期にわたって飲み続けていても仕方がありません。これは市販の精神安定剤でも同じことで、そのような薬を飲むくらいならば、根本的な対策となるテアニンを飲んだ方がずっと確かな効果が期待できます。

 

薬を飲み続けても根本的な解決にならない

 

強い薬にせよ弱い薬にせよ、精神安定剤の類は対症療法的なアプローチの薬となります。つまり、一時的に症状を抑えつつ脳の神経伝達物質などのバランスが正常に戻るのを待つ、ということです。

 

脳に明らかな問題があって、精神安定剤とともに根本の問題を治療する薬が処方されているならば、精神安定剤で症状を抑えつつ治癒を待つというアプローチも有効でしょう。しかしながら弱い精神安定剤だけを漫然と飲んでいても何ら問題は解決しません

 

テアニンは根本的な解決に役立つ

 

一方でテアニンは脳のリラックス状態をもたらし、副交感神経を優位にし、その結果として脳内の神経伝達物質の分泌を正常化する働きがあります。

 

薬ではありませんからすぐに変化が見えるような強い効果はありませんが、根本的な精神状態改善のために役立つ成分です。ですから、弱い薬を飲み続けるくらいならば、テアニンのサプリメントでも飲んだ方がずっといいのです。

 

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?