テアニンの補給が睡眠の質を高める

 

テアニンのリラックス効果の影響は起きているときに止まらず、睡眠に関しても良い影響を与えます。テアニンの働きそのものが睡眠の質を高めることと、睡眠の妨げとなるストレスの影響を相殺することの両面から、より良い睡眠を実現してくれるのです。

 

テアニンが睡眠の質を高めるメカニズム

 

テアニンを摂取すると数十分後に脳波でアルファ波が発せられ始めますが、この状態は自律神経の中でも休息状態をもたらす副交感神経が優位になっている状態です。

 

そして人間は睡眠に至るにあたって副交感神経が高まることが必要であり、正常な概日リズムを刻んでいる人ならば夜になると自然に副交感神経の高まりがピークになるため、テアニンを補給すると自然な入眠と深く質の高い睡眠が可能になります。

 

生活リズムの乱れ、ストレスが睡眠の質低下の原因に

 

しかし交感神経を刺激するストレスなどの要因や、生活リズムの乱れがあると、夜になっても副交感神経が優位になりきれません。そうなると入眠が困難に、また睡眠も浅いものになってしまいます。しかしテアニンを摂取すれば、テアニンの働きが副交感神経優位を作り出してくれるため、入眠・睡眠の質ともに改善されるのです。

 

テアニンはストレス対策にも力を発揮する

 

また、テアニンはストレスの影響を相殺するという効果も見逃せません。前述の通りストレスは睡眠に至ろうとする自律神経のバランスを崩しますが、テアニンはそんなストレスの影響と真逆の、副交感神経優位のバランスを作りますので、ストレスが原因で睡眠に影響が出ているという人もテアニンの摂取で大きな改善が期待できるでしょう。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?