テアニンの飲むタイミング

テアニンは一般的な栄養素とは異なり、速やかに吸収され即座にその効果を示す栄養素です。したがっていつ飲んでも効果が変わらないというわけではありません

 

神経伝達物質のバランスを整える効果やそれによる良い影響はいつ飲んでもある程度は得られますが、テアニンを飲んだ直後に現れるリラックス効果などを生かしたいならば飲むタイミングは考える必要があります。

 

集中し作業効率を高めたいときに

 

テアニンを飲むと速やかに交感神経の昂ぶりは抑えられ、交感神経と副交感神経のバランスが取られます。そして同時に集中力を乱す要因も抑制されるため、結果として主にリラクゼーション効果と集中力・思考力・記憶力などの向上が期待できます。この効果を生かすためには、やはり知的作業のお供とするのが最も好ましいでしょう。

 

一点に集中し色々考え計算しながら進めていく作業では、テアニンの恩恵をより実感できるはずです。もちろん、学生の勉強にも有用な効果です。

 

リラックスしたい、ぐっすり眠りたいときに

 

もう一つは、精神的に疲れが溜まっていてリラックスしたいときです。テアニン摂取後は集中力が高まるとはいえ、カフェインなど興奮をともなう集中状態がもたらされるのとは異なり、集中しやすくなる間接的な作用に近いため、リラックス状態を妨げないどころかより深いリラックスに至れます。同様の理由で、睡眠前に不眠を予防して飲むのもいいでしょう。

 

運転前は避けるが無難

 

テアニンは睡眠薬ではありませんので、例えば運転前に飲むことの危険性については問題ないとされていますが、テアニンの効き方や効果の感じ方は比較的個人差が大きいため、特に初めてのテアニンサプリメントの場合は運転前や高所作業の前などは念のため避けた方が安全です。

こちらも読まれてます♪

 

テアニンサプリランキング第1位は?